コンテンツへスキップ

篠田英朗氏の8/4付けBLOGOS記事「止まらなかった陽性者拡大 ~『日本モデル』vs.『西浦モデル2.0』の正念場(その4)~」へのコメント

篠田英朗氏の8/4付けBLOGOS記事「止まらなかった陽性者拡大 ~『日本モデル』vs.『西浦モデル2.0』の正念場(その4)~」にコメントしました。


西浦モデルというのは、単純な分枝過程のモデルで、多くの実績がある(というより、一般的に使われている)モデルですね。

つまり、定説が再確認された、ということで、新発見を期待する向きには残念な結果かもしれませんが、妥当な結果ということもできるでしょう。

で、次の部分は注目に値します。
------
この観察が正しいとすると、魔の4連休だったと言えないこともない。が、その程度のことはいつでも起こるということだ。実効再生産数を1以下にするのは、簡単ではない、ということなのだろう。
------

「魔の4連休」とは、GoToキャンペーンがまさに期待した連休ですよね。何を期待したかといえば、人々が観光旅行に出かけることを、、、

でその結果起こったことはこういうことなのですね。
------
7月上旬に高い数値を示しながら、その後は緩やかに鈍化する傾向を見せていたにもかかわらず、実効再生産数1を下回るかもしれない直前の7月下旬で、反転した様子を示している。
------

「4連休のところで反転した形になっているが」などとのんきなことを言っていますけど、ハッキリ言って【この反転は人災】ですよ。

これ、どうしてくれるのですか!!

まあ、まだ完全な結論が得られているわけではないのですが、、、

1 thought on “篠田英朗氏の8/4付けBLOGOS記事「止まらなかった陽性者拡大 ~『日本モデル』vs.『西浦モデル2.0』の正念場(その4)~」へのコメント

  1. mi.mino

    西浦モデルは、何もしなければこうなるというものだ。
    そしていまの状態は何もしていないのにひとしい。
    それどころかGOTOで加速している。
    GoTOはとっととやめるべき。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。