コンテンツへスキップ

名月論氏の8/17付けBLOGOS記事「新型コロナウイルス ワイドショーと医療崩壊」へのコメント

名月論氏の8/17付けBLOGOS記事「新型コロナウイルス ワイドショーと医療崩壊」にコメントしました。


熱中症と新型コロナの違いは、感染するかしないかという問題で、一定以上に感染が拡大した場合に社会が対応ができなくなる、パンデミックの可能性が危惧されております。

人道的な問題があるからあまり語られはしませんが、年寄りが死ぬこと自体、コロナがなくても生じているわけで、大きな問題ではない。

しかし、ひとたび大規模な感染拡大が生じて医療が崩壊すると、重篤化は高齢者に限らず、全年代に拡大する。これを避けたいというのが、専門家の本音だし、各自治体の悩みどころなのでしょう。

マスコミは、野次馬的に騒いでいれば視聴率が取れてハッピーなのでしょうが、現にコロナは、欧州で大きな悲劇を起こした過去がある。それも、この4月のことなのですね。

野次馬的はしゃぎっぷりの向こうに存在する大問題。我々がみなくちゃいけないのは、そっちの方です。

1 thought on “名月論氏の8/17付けBLOGOS記事「新型コロナウイルス ワイドショーと医療崩壊」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。