コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(8/25)

新型コロナ感染状況の8/25版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から491人増加して累計62,364人、死亡者は15人増加して累計1,195人となっております。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。新規感染者の7日平均値は、本日は順調に減少いたしました。死者に関しては、本日の7日平均値の新規死者数の倍化日数は11日と順次伸びております。

まだ決定的な議論は難しいと思いますが、死者のピークは、7日平均で8/23の12.6人、日ごとのデータで8/18、20の16人がピークであったのかもしれません。

私の予想では、8月下旬から月末にかけて2-30人の死者をピークとするとのものでしたが、ピークを付けるのが少々早く、値も低めでした。これに関しては、もう少し様子をみたいと思います。

本日の死亡者数は14名で、新規死亡者の7日平均値の倍化日数は、9, 10, 10, 8, 9, 9, 10, 9, 7, 8, 8, 9, 10, 9, 10, 11, 9, 10, 6, 7, 8, 9, 10, 11日と、早い遅いの変動はありますが、おおむね倍化日数9日程度の指数関数的増加が継続中です。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。本日は、パキスタンのみが欠測値でした。異常な数値はなく、ペルー、コロンビア、アルゼンチンといった南米の国々で高いペースで死者を出しております。その他の国々は、比較的安定した動きをしております。

1 thought on “新型コロナの現状(8/25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。