コンテンツへスキップ

阪口直人氏の9/2付けBLOGOS記事「安倍政権の検証、追及は引き続き行うべき」へのコメント

阪口直人氏の9/2付けBLOGOS記事「安倍政権の検証、追及は引き続き行うべき」にコメントしました。


> 密室で大勢を決めるのではなく党員が参加しての選挙を行うべきだったと思う。ただ、立憲民主党と国民民主党が合流する新党も国会議員だけで決めるので、私たちには批判する資格はない <

なんか、「批判ありき」を絵にかいたような文章ですね。こうした態度は忌むべきものとされており、そうした疑いを抱かれないよう、普通は文章にも気を付けるものです。

文章から悔しさがにじみ出ているのはご愛敬。でもよく考えれば、ここは、悔しがるところではないはずです。だって、自分たちだって、国会議員だけで決めることを是としているからそうされているのでしょ。是としているなら、それでいいじゃないですか。

「党員が参加しての選挙を行うべきだったと思う」という言葉を発するなら、まず自らに発すべきで、他党のやることにああのこうの言ってみてもはじまらない。悔しくても、ここはぐっとこらえなくてはいけません。

何か、普通の感覚というものが失われてしまっているようです。

1 thought on “阪口直人氏の9/2付けBLOGOS記事「安倍政権の検証、追及は引き続き行うべき」へのコメント

  1. mi.mino

    >>安倍政権の検証、追及は引き続き行うべき
    それはすべきだろう。いったい国民はなにが気に入って安倍政権の長期化を許したのか?を考えるべきだろうね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。