コンテンツへスキップ

音喜多駿氏の10/3付けBLOGOS記事「菅総理による日本学術会議メンバーの任命拒否問題、その論点はどこか?切り分けて整理してみる」へのコメント

音喜多駿氏の10/3付けBLOGOS記事「菅総理による日本学術会議メンバーの任命拒否問題、その論点はどこか?切り分けて整理してみる」にコメントしました。


今日の実態に合わない形骸化した制度は打ち切る、ということでよろしいのでは?

些少といえども国家予算が使われており、昨今の国庫の厳しい状況下では、無駄な出費は極力切り詰めなくてはいけません。

深読みすれば、そういう議論が起こるように企んだ菅総理の仕掛けに、野党とマスコミがまんまと乗ってしまった、ということであるような気も致します。

ここは、かつての民主党お得意の「事業仕分け」で埋蔵金を発掘する、というのをやっても、悪くないのではないでしょうか。

1 thought on “音喜多駿氏の10/3付けBLOGOS記事「菅総理による日本学術会議メンバーの任命拒否問題、その論点はどこか?切り分けて整理してみる」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。