コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(10/7)

新型コロナ感染状況の10/7版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から497人増加して累計85,521人、死亡者は3人増加して累計1,604人となりました。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。第二波と思しきピークから順調に下げてきた我が国の新規感染者と死亡者ですが、ここしばらくは下げ渋り、上げに転じる可能性も示しておりましたが、本日は昨日に続き低下傾向となっております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下図に示します。本日は、欠測値もなく、異常値も含まれておりません。

人口百万人あたりの新規の感染者数を9/27より掲載するようにしておりましたが、この欄の色分けを本日から開始いたしました。色分けの基準は、100人以上を赤、10人以下を水色としております。

この部分をみますと、アルゼンチンやブラジル、といった南米の国々だけでなく、ヨーロッパ諸国も新規感染者が増加しております。

我が国もここにきて秋の陽気となっております。気温の低下がコロナの活性化を招くのでは、とかねてより懸念されておりましたが、ヨーロッパ諸国での新規感染者の増加は、気温の低下に伴うコロナの活性化による可能性もあり、要注意と言えそうです。

1 thought on “新型コロナの現状(10/7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。