コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(1/21)

新型コロナ感染状況の1/21版です。


我が国の状況

本日開始時点の自治体データを厚労省が集計した結果(国内分)では、感染者数が昨日から5,532人増加して累計343,106人、死亡者は96人増加して累計4,742人となりました。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。昨日に続き新規感染者、新規死亡者が多少増加しております。倍化日数は、新規感染者7日移動平均が昨日から1日延びて26日、新規死亡者数の7日移動平均値倍化日数は、昨日同様30日以上となっております。

新規死亡者の増加は1/10頃の新規感染者の急増を受けてのものであり、先を占うのは新規感染者の動きなのですが、こちらもじわじわと上昇しており目が離せない状況です。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。本日はすべての国のデータが更新されております。

人口百万人あたりの感染者数が1日で500人以上増加した国は、米国、英国、スペインス、チェコ、ポルトガル、イスラエル、パナマ、レバノン、アイルランド、リトアニアの10か国と、昨日より二か国増加しております。百万人あたりの死者が1日で10人以上増加した国は、米国、英国、ドイツ、メキシコ、ポーランド、チェコ、ポルトガル、イスラエル、スウェーデン、パナマ、スロバキア、アイルランドの12か国と、こちらも二か国増加しました。

ヨーロッパ各国は、ワクチンを打ち始めているのですが、依然として新規の感染者、死者ともに増加が続いております。これが、ワクチン接種率の向上に伴い、どのように変化するか、見守りたいと思います。

1 thought on “新型コロナの現状(1/21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。