コンテンツへスキップ

鈴木宗男氏の10/10付けBLOGOS記事「10月10日(土)ムネオ日記」へのコメント

鈴木宗男氏の10/10付けBLOGOS記事「10月10日(土)ムネオ日記」にコメントしました。


> 任命されなかったことと、学問の自由を制約していると言っているが、全く関係ない話ではないか。 <

このフレーズ、全くその通りです。この一文で、支持いたしました。

「学問の自由」は、誰の自由なのかといえば、「個々の研究者の自由」であるはずですね。

ならば、『会員になる機会を奪われることは、学問の自由を制約していることになる』ならば、

 推 薦 さ れ な か っ た 研 究 者 は 学 問 の 自 由 を 制 約 さ れ た

わけですよね。

日本学術会議は、多くの研究者の学問の自由を制約していることを、自ら反省しなくちゃいけません。

全くこの人たちの頭の中は、いったい、どうなっているものやら、、、

こんな人たちに、我が国の科学技術の行く末をゆだねるわけにはいきません。

日本学術会議は、さっさと解散させなくてはいけません。

1 thought on “鈴木宗男氏の10/10付けBLOGOS記事「10月10日(土)ムネオ日記」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。