コンテンツへスキップ

早川忠孝氏の10/22付けBLOGOS記事「まあ、これが石破さんなりのケジメの付け方でしょうね」へのコメント

早川忠孝氏の10/22付けBLOGOS記事「まあ、これが石破さんなりのケジメの付け方でしょうね」にコメントしました。


石破氏は、新たな保守政党誕生のキーマンになるかもしれませんよ。自民党としても、あまり冷たくするのは考えもので、悪い言い方をすれば、生かさず殺さずの処遇をしなくちゃいけません。良い言い方をすれば、その実力相応にもてなさなくてはいけない、ということですね。

石破氏が、かつての小池新党のようなものを作る可能性は、いくつか挙げることができるでしょう。

第一に、石破氏は地方に強い。現在の与野党に偏らない政治的ポジションは、地方自治体の首長選挙に際して有用であり、多くの地方自治体を石破新党が押さえてしまったら、その発言力は無視できなくなります。

第二に、石破新党は野党再編成のきっかけとなる。共産党に近い左翼野党と、自民党に近い中道野党(石破新党)に分裂しますと、野党だけど共産党はちょっとという政治家と、かつて民主党におられたりみんなの党におられて行き場を失った有能な政治家を迎え入れることができます。

第三に、今の自民党は、少々なあなあのところがあり、規則をきちんと守りたい人には文句の一つもあるところ。まあ、大人のやり方といえばそうなのですが、若い人には納得がいかないこともあるでしょう。これをきちんと手続きを守り、フェアネスに徹すれば、それなりに支持を集めるだろうし、マスコミ受けもよいはずなのですね。

今の野党の問題は、経済、外交がまるでダメ。このあたりをきちんとした、国家としての体をなす政治理念を掲げて政治集団をつくれば、今の自民党にも立憲民主党にも、そして少々怪しげな維新にも背を向けている有権者を集め、かつての小池新党のようなムーブメントが起こるかもしれません。

その時は、来年早々にもありそうな、次の総選挙かもしれない。元旦の新聞各紙の一面を石破氏の爆弾発言が飾る2021年の幕開けになる、そんな光景が、水晶玉ならぬウイスキーグラスの底に、ちらりと見えたような気が、、、

1 thought on “早川忠孝氏の10/22付けBLOGOS記事「まあ、これが石破さんなりのケジメの付け方でしょうね」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。