コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(12/9)

新型コロナ感染状況の12/9版です。


我が国の状況

本日開始時点の自治体データを厚労省が集計した結果(国内分)では、感染者数が昨日から2,148人増加して累計164,203人、死亡者は38人増加して累計2,419人となりました。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。新規の感染者数は、わずかに増加しておりますが、新規死亡者数は上昇を続けております。倍化日数は、新規感染者数、新規死亡者数がそれぞれ一日増加して、前者が28日、後者が11日となっております。

新規感染者7日移動平均値が最初にピークを付けたのが11/24日でしたので、すでにこれから15日を経過しております。8月の第二波では、新規感染者数の最大値から23日遅れて死者数の最大値を付けておりますが、死者数の最初のピークは14日遅れでつけており、そろそろ(あるいは今後数日以内に)死者もピークとなってくれるのではないかと思われます。ただしその後、10-20日程度は死者数が高止まりするはずで、気の重い日々が続きそうではあります。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。本日はスペイン、ペルーが欠測となっております。

人口百万人あたりの感染者数が1日で500人以上増加した国は、米国、スイス、スウェーデン、セルビア、ジョージア、ブルガリアの6か国です。スイス、スウェーデンは昨日が欠測でしたので、2日分の増加がカウントされています。

百万人あたりの死者が1日で10人以上増加した国は、イタリア、ポーランド、ベルギー、チェコ、ルーマニア、スイス、オーストリア、スウェーデン、ハンガリー、ブルガリア、クロアチアの11か国で、このうち、チェコ、スイス、スウェーデンは2日分の数字ですから、実質では8か国で大きな死者数となったということです。

昨日のデータでは死者数は低下しているようにも見えましたが、これは一時的な低下であって、実際にはまだまだ厳しい日が続いている様子です。

2 thoughts on “新型コロナの現状(12/9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。