コンテンツへスキップ

ロイターの4/2付けBLOGOS記事「焦点:北朝鮮、戦術核の戦力化目前か 韓国とミサイル開発競争」へのコメント

ロイターの4/2付けBLOGOS記事「焦点:北朝鮮、戦術核の戦力化目前か 韓国とミサイル開発競争」にコメントしました。


これは一つのチャンスですね。各国は連携して、韓国に北朝鮮に向けたさまざまな形式のミサイル基地を多数つくらなくてはいけません。特に、北のミサイルを迎撃して無力化するミサイルとレーダ基地を多数設ければ、北はこれに対応せざるを得なくなる。

ソヴィエト崩壊の原因が、ペレストロイカという、ソヴィエト連邦の継続という見地からは誤った政策に求めることは間違いではありませんが、共産主義経済の非効率性や、チェルノブイリの原発事故とならんで、米国との核兵器開発競争での経済的疲弊も一つの理由ではあったでしょう。

特に経済基盤の弱い北朝鮮を、巨額の経済的資源を消費する軍拡競争に巻き込めば、北朝鮮の崩壊は相当に早まるはず。この道であれば、周辺諸国にはさしたる犠牲を出さずに危険な政権を消滅させることもできるはず。

経済制裁に加えて新型コロナで弱体化していることも千載一遇のチャンスです。ここは、対北朝鮮政策は、軍拡競争に持ち込む一手であるような気がいたします。もちろん、我が国にとりましても、ミサイルやドローン兵器(カミカゼ・ドローン!?)の技術開発を進める、千載一遇のチャンスでもありますしね。

1 thought on “ロイターの4/2付けBLOGOS記事「焦点:北朝鮮、戦術核の戦力化目前か 韓国とミサイル開発競争」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。