コンテンツへスキップ

田嶋要氏の4/23付けBLOGOS記事「いつの間に?」へのコメント

田嶋要氏の4/23付けBLOGOS記事「いつの間に?」にコメントしました。


「責任も取らず、構想力も欠く」この形容詞、野党に付けるのがぴったりじゃないですか。ほとんど立民の枕詞です。

まずは、政権担当能力をもつこと。これは、国政政党である以上、本来備えなくてはいけない、最低限の能力ではないですか?

それなくして他人を批判していると「責任も取らず、構想力も欠く」と形容されちゃうわけですね。

他人のことにごちゃごちゃいう前に、自分のところから、後進国を脱しなくてはいけません。


返信がついております。

加藤洋行

まったくだ。旧民主党の最大の問題点は、下野したときに総括できなかったこと。その結果、カンやエダノがいまだに生き残っている。そんな政党の残党に「学習効果」がどうのと、言われたくない。


瀬尾 雄三

「責任も取らず、構想力も欠く」って、これ、5-7-5ですね。

立民川柳なんてのがあったら応募したいところ。真ん中の7をぶった切って読点を入れているところなど、かなりのものです。

立民川柳に応募するとして、作者をだれにするかが問題。私が出すと、盗作といわれそうですねえ、、、

川柳としてのオリジナリティはあるはずなのだが、、、エントリー主が宜しければ、共同作品ということでどうでしょうか。

って「立民川柳」の存在が前提となるのですが、これ、ありましたっけ? ないならないで、その創設を立民に働きかけるとか、何とかしていただけませんかねえ、、、

1 thought on “田嶋要氏の4/23付けBLOGOS記事「いつの間に?」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。