コンテンツへスキップ

新潮社フォーサイト(熊谷徹氏)の6/19付けBLOGOS記事「ドイツに根強く残る『人種差別』日本も『差別禁止法』制定を」へのコメント

新潮社フォーサイト(熊谷徹氏)の6/19付けBLOGOS記事「ドイツに根強く残る『人種差別』日本も『差別禁止法』制定を」にコメントしました。


1919年、日本は国際連盟に「人種的差別撤廃提案」を世界で初めておこない、そして否決されております。これが第二次世界大戦に至る一つの理由でもあるのですが、それから100年を経て、この思想がグローバルスタンダードとなっております。

少なくとも、表向きは。

いまはおよそ百年という良い区切りですから、このあたりでもう一度、日本は国連に同じ提案をしたらよいのではないでしょうか。

たまには、世界を赤面させるような提案をするのも、また一興だと思いますよ。

1 thought on “新潮社フォーサイト(熊谷徹氏)の6/19付けBLOGOS記事「ドイツに根強く残る『人種差別』日本も『差別禁止法』制定を」へのコメント

  1. mi.mino

    差別はなくならない。
    これが現実である。
    そして、いかに差幅を少なくすること。
    これが重要。
    いまの状態で我慢すべきレベルにある。
    これ以上は特別扱いするのと同じである。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。