コンテンツへスキップ

諌山裕氏の6/16付けBLOGOS記事「新型コロナ抗体保有率0.1%の少なすぎる衝撃」へのコメント

諌山裕氏の6/16付けBLOGOS記事「新型コロナ抗体保有率0.1%の少なすぎる衝撃」にコメントしました。


今朝方の中村ゆきつぐ氏のエントリーにもコメントを付けたのですが、ファクターXに関しては山中先生の幅広い候補を考えるのがよさそうです。以下、その概要を再録します。

山中「ファクターXを探せ」:https://www.covid19-yamanaka.com/cont11/main.html

前回のコメントにも付けましたが、箇条書きを段落番号に変更して以下に引用します。
------
ファクターXの候補
1) クラスター対策班や保健所職員等による献身的なクラスター対策
2) マラソンなど大規模イベント休止、休校要請により国民が早期(2月後半)から危機感を共有
3) マスク着用や毎日の入浴などの高い衛生意識
4) ハグや握手、大声での会話などが少ない生活文化
5) 日本人の遺伝的要因
6) BCG接種など、何らかの公衆衛生政策の影響
7) 2020年1月までの、何らかのウイルス感染の影響
8) ウイルスの遺伝子変異の影響
------
日本に死者の少ない理由として、5-7であると主張される方が多いのですが、これらは未だ立証されたものでもなく、これに頼って楽観的になるのは危険です。

ちなみに私は(2)が主因ではないかとみているのですが、これにも確証があるわけではありません。またFT紙は(2)、(3)および検疫強化をアジア諸国で感染者が少ない理由に挙げておりました。

1 thought on “諌山裕氏の6/16付けBLOGOS記事「新型コロナ抗体保有率0.1%の少なすぎる衝撃」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。