コンテンツへスキップ

2

東龍氏の8/13付けBLOGOS記事「コロナ禍における飲食店のテイクアウトやデリバリー礼賛に対する大きな違和感の理由」にコメントしました。

1

企業法務戦士氏の7/2付けBLOGOS記事「7月の洗礼」にコメントしました。

BLOGOS しらべる部の5/13付けBLOGOS記事「立民・福山幹事長が固執した尾身副座長の発言 “失礼対応”で抗議ツイートがトレンド1位に」にコメントしました。

中村ゆきつぐ氏の5/13付けBLOGOS記事「尾身先生を応援しよう #福山哲郎議員に抗議します 国会の御作法がいかに民間で失礼か」にコメントしました。

第1章 千手第2章 出会い第3章 人工知性体第4章 レイヤの誕生第5章 レイヤの復活第6章 レイヤの追跡第7章 レイヤの篭城第8章 レイヤの時代 四月十日午前九時三十分、アイリストA棟会議室。 「はいこれ英二さんのアカウ ... "第3章 人工知性体" を続けて読む

第1章 千手第2章 出会い第3章 人工知性体第4章 レイヤの誕生第5章 レイヤの復活第6章 レイヤの追跡第7章 レイヤの篭城第8章 レイヤの時代 西暦二〇二八年九月十三日の昼休み―― アイリストA棟の会議室では、相生教授 ... "第2章 出会い" を続けて読む

第1章 千手第2章 出会い第3章 人工知性体 第4章 レイヤの誕生第5章 レイヤの復活第6章 レイヤの追跡 第7章 レイヤの篭城第8章 レイヤの時代 二〇二八年三月六日―― 午前8時30分、先ほどまでの人込が嘘のように消 ... "第1章 千手" を続けて読む

1

大隅典子氏の6/1付けBLOGOS記事「COVID-19重症化に関わる生物学的『ファクターX』は?」にコメントしました。

木走正水氏の5/20付けBLOGOS記事「欧米メディアがざわつき始めた日本の死者数の奇跡的な少なさ」にコメントしました。

緒方林太郎氏の3/30付けBLOGOS記事「迷走する新型コロナ対策 日本政府の意思決定が遅い理由」にコメントしました。

12月度のこのブログの最も読まれたページベスト19です。普段は月末に集計しておりましたが、先月末が多忙につき、本日まで延びてしまいました。なお、データは先月末に保存しておりますので、過去との連続性は保たれているはずです。

11月度のこのブログの最も読まれたページベスト19です。普段は月末に集計しておりましたが、先月末が多忙につき、本日まで延びてしまいました。なお、データは先月末に保存しておりますので、過去との連続性は保たれているはずです。

このブログでは、アニメとラノベなどというカテゴリーを設ける一方で、鈴木大拙師の禅の思想について種々語ってまいりました。 ですから、鈴木敏夫氏の書かれた「禅とジブリ」などという書物を見かければ買わないわけにもいきません。 ... "鈴木敏夫著「禅とジブリ」を読む" を続けて読む

本日は、最近の書物であります三田 一郎「科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで」を読むことといたします。この本、本年6月の出版ですけど、すでに第3刷となっております。つまり、売れている、ということです ... "三田 一郎「科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで」を読む" を続けて読む

「ポール・ブルーム著『反共感論/社会はいかに判断を誤るか』を読む」と題する先日のエントリーで、共感力の種々の問題点についてご紹介しました。一方で、「天才を殺す凡人と、これからの経営」と題する以前のエントリーで、共感は凡人 ... "悪魔のささやき? 共感力" を続けて読む

新幹線の中に「はたらいて、笑おう。」というポスターが貼ってありました。これ、以前からあった記憶があるのですが、たまたま席が近かったもので、Wozというサインが書かれているのが目に留まりました。

2

本日は、黒崎政男著「哲学者クロサキの哲学超入門」を読むことといたしましょう。

以前のブログで、 倭人条で陳寿は邪馬台国の位置を「計其道里、當在會稽、東治之東」つまり「その道里を計るにまさに会稽東治の東にあり」としております。會稽は夏朝の禹のゆかりの地で、東夷に礼の伝わるは禹の徳政のゆえである、と陳 ... "三国志魏書東夷伝における邪馬台国の位置の問題、再論" を続けて読む

Yahooに転載されたアゴラ記事で、新田哲史氏が「グローバルマチョ子への“再反論”」という記事を書かれていますが、その内容は少々ひどいものです。アゴラの記事への私のコメントはブロックされておりますので、以前のこのブログで ... "大企業に入ったほうが成長できるか、という問題について" を続けて読む